2014年09月06日

スイス人の親切

8月29日、アローザからサンモリッツへ日帰り旅行に出かけた。 行きはクール駅の上にあるポストバスターミナルから、9時10分発のサンモリッツ行のポストバスに乗り、ジュリアス・シーザーが越えたと言い伝えられるユリアパスを通ってサンモリッツに到着、快適なバスの旅を楽しむことができた。

帰りは列車で世界遺産に登録されているアルブラ線を通りクールまで行き、アローザ線に乗り換えてアローザに変える予定だが、クールでの乗り換え時間が5分しかない。 サンモリッツの駅で列車の車掌さんに、どの車両が一番アローザ線への乗り換えに便利な位置に着くかと尋ね、クール駅での乗り換えに5分しかないことを告げた。 少しでも列車が遅れれば乗り換えには間に合わない、乗り遅れたら次の列車までクール駅で一時間待たなければならないし、ホテルの夕食時間にも遅れてしまう。

心配していたことが現実となり、列車が予定より数分遅れて運行している。 もう乗り換えに間に合わないと諦めていた時、車掌さんが私の所にやって来てアローザ線の列車に電話してくれたとのこと、その結果アローザ線の列車は私達が乗り込むのを待ってくれるらしい。 これを聞いて一安心したが、出発を待たされている他の乗客に迷惑をかけないよう、精いっぱい急いでアローザ行の列車に乗り込んだ。

スイス人の親切に触れることができ、ますますスイスが好きになった。
posted by 旅のマイスター at 18:47| Comment(0) | ヨーロッパの旅・スイス