2014年11月18日

京都の紅葉を楽しむ

 10月16日の日曜日、昼食を早めに済ませて京都へ紅葉を見に行った。 京阪三条駅で降りて南禅寺に最初に行き、次に永観堂に行き、そこから哲学の道を辿って銀閣寺まで行った。 銀閣寺では、国宝の東求堂が特別拝観で一般公開されていたので、テレビの番組でしか見たことのない貴重な襖絵を間近に見ることができた。

さすがに銀閣寺は観光客で大混雑していたが、特別拝観は一回25名までの人数制限があり、お寺の人が解説をしながら案内してくれたので、じっくり鑑賞をすることができた。 また、銀閣寺の紅葉も素晴らしく、半日の京都紅葉巡りだったが好天に恵まれ日本の素晴らしさを再認識することがでた。HerbstinKyoto2.JPG

posted by 旅のマイスター at 17:40| Comment(0) | 日記

2014年11月07日

カジノは必要か?

 カジノの経済効果がカジノ推進派から盛んに宣伝されているが、ギャンブルのような虚業で経済を振興させようとのアイデアがどこから出て来たのか、不思議でならない。 カジノの経済効果で引き合いに出されるシンガポールは、国土が狭く歴史の新しい国で文化的な観光資源がないので、知恵を絞ってナイトサファリやカジノを導入し新たな観光資源として成功しているのである。 古い歴史と伝統文化があり、四季があり自然の美しい国である日本は、日本各地に自然の恵みを生かした美味しい郷土料理、祭りなどの伝統行事が豊富にあり、まだまだ観光資源として活かされず埋もれたままである。

外国人観光客は自分たちの国にない異質な文化との触れ合いを求めて日本を訪れているのであり、どこにでもあるカジノをするためにわざわざ日本にはやって来ない。 来るとしたらギャンブル好きな、一部の人間達でしかない。
自然と歴史・文化を観光資源として活かしているヨーロッパ諸国を観光産業の手本とするべきで、シンガポールやマカオはまったく条件が日本とは違うので参考にはならないはず。 日本が再び参考にする国を間違う、過ちを繰り返さないことを願っている。
posted by 旅のマイスター at 18:12| Comment(0) | 日記

2014年11月02日

グランドゴルフ場がスイスにオープン

スイスの国際的レゾート地アローザに、スイス初のグランドゴルフ場ができました。 常設ではありませんが、日本人観光客もプレーすることができます。
アローザとグランドゴルフ場の詳しい情報は[リゾート悠遊倶楽部]のホームページで、見ていただけます。

URL: http://www.resortyuyuclub.comarosagg55.jpg



posted by 旅のマイスター at 18:21| Comment(0) | 日記