2015年01月27日

バリ島再発見!

初めてバリ島に行ったのは30年ほど前で、その時の印象はゆっくり時間が流れるなんていい所だと思った。 こんな所で仕事ができたらいいなとの思いが実現しビジネスの関係で、二ヶ月に一回をジャカルタ、バンドン、スマラン、ジョクジャカルタ、バリなどを訪問し、その回数は100回を超える。 バリ島が国際的な観光地になってから、観光開発が進むのに比例してバリ島の良さがどんどん無くなったので、行きたいとは思はなくなった。 最後に行ってから6年ほどが過ぎ、最近は懐かしい気持ちが生じて来たが、あの猥雑さを想像するとその気持ちも萎えてします。

バリ島東部のカランガスムに行く時、チャンディダサを通るメインロードより風景が美しいシデメン経由の道を利用した。 シデメンではその美しい風景にいつも癒されたが、当時は宿泊施設が一つもなかった。 でも、今は小さなホテルなどもできているようで、シデメンで滞在しバリの原風景が楽しめることが分かった。
そこには、初めてバリ島に行った時のバリ島の原風景が残っている。 次にバリ島に行く時は、サヌールにと
シデメンに泊まると決めている。 これで、バリ島に行くことができる。 もう一つバリ島でお気に入りの場所がある、キンタマーニに行く途中にあるタンパクシリン村からテガラランを通ってウブドに行く道である。

いい出会いと感動のある手づくりの旅☆リゾート悠遊倶楽部☆
URL: http://www.resortyuyuclub.com

sidemen.jpg



2015年01月03日

雪国のお正月

 今年のお正月は福井で迎えた。 大晦日に着いたが雪はなく、雪景色の写真を写してスイスの友人に送ってやろうと思っていたので、少々がっかりさせられた。 ところが翌日の元旦の朝、目を覚まして外を見ると、そこには一面の銀世界が広がっていた。 子供のように雪の上を歩き回り、雪景色の写真も写すことができたが、雪は降り止まずどんどん積もっていく。 除雪しなければ車を動かせないので、二度も除雪作業を手伝った。 雪国での生活の厳しさも体験することができ、部外者と生活者の立場の違いを認識させられた。

 スイスは気温が高い日が続いたので、多くのスキー場が雪不足で困っている。 雪景色の写真ではなく、本物の雪を送ってやりたい。 2015年がいい年であることを、近くの神社で祈願させていただいた。

winter3.JPG
posted by 旅のマイスター at 16:13| Comment(0) | 日記