2017年05月20日

ウィーン・ザルツブルク・ヴェネツィアの旅

 平成29年4月20日に関空を出発して26日に帰国するといった、短期間にウィーンとザルツブルクとヴェネツィアを訪ねる忙しい旅だったが、変化に富み内容の濃い旅をすることができた。 ウィーンに初めて行ったのはバックパッカーでヨーロッパを行き当たりばったりで旅行していた40年前で、ヴェネツィアから夜行列車でウィーン南駅に到着して、どこも見学することなくウィーン西駅からインスブルックへ列車で行った、だから行ったとゆうより通っただけだったのでウィーンの思いでは何もない。

 それ以来、スイスとドイツには何度も行っているのに、なぜかオーストリアには行く機会がなかった。ウィーンのイメージが音楽好きの人間が行く所といった偏ったものだったので、特別な興味を持つことが無かった。 今回ウィーンに行くのでいろいろ調べていると、ウィーンがいかに魅力的で素晴らしい所であるかを知り、早くウィーンと出会いたく出発前に高揚したのは初めての海外旅行以来である。 ウィーンは期待以上に素晴らしく、ウィーンの魅力の虜になってしまった。 650年近く続いたハプスブルク家の栄華と歴史を感じることができるウイーンは、旅行先としてヨーロッパでも第一級の都市である。 シェーンブルク宮殿の丘の上に建つグロリエッテで朝食をしたかったが、予約が取れなかったので実現しなかった。

IMG_1674.JPG

posted by 旅のマイスター at 16:55| Comment(0) | 世界見聞録ヨーロッパ編