2016年05月10日

ヒトラー終焉の地を訪ねる

 ヒトラーが最期の日々を過ごした、ベルリンにある総統地下壕跡地を訪ねた。 終焉を迎えるまでの12日間を描写した映画ヒトラー最期の12日間”を見ていたので、ベルリンに行ったら訪ねたいと思っていた。 あまりにも強固に造られていたので、戦後東ドイツ政府が撤去しようとしたが完全に撤去できなかったので、今はその跡地は駐車場になっている。
 
 場所もネオナチの聖地になることを恐れて公にはせず、2006年6月8日に案内板が設置されたとのこと、その案内板も気づかずに通り過ぎてしまいそうな簡単なものである。 ブランデルブルク門からも歩いて行ける所にあるが、皮肉にも途中に異様な形をしたホロコースト記念碑がある。 ベルリンの中心地にあるホロコースト記念碑、その目と鼻の先がヒトラー終焉の地とは、誰かが意図したアイロニーとしか思えない。

 メルケルさんがいる連邦議会議事堂もすぐ近く、ホロコースト記念碑を毎日のように目にしているドイツ連邦首相からしたら、日本の戦後処理を不十分に思っているのかもしれない。 その上、メルケルさんは東ドイツ出身、反ファシズム教育を受けて育っているに違いない。 ナチスと同盟を結んでいたからか、メルケル首相は日本に対してあまり親近感を持っていないように見える。 今月日本で開催される首脳会議に出席するため来日するメルケル首相を、日本のおもてなし外交で日本びいきにすることはできないだろうか。 おばちゃんの愛称を持つメルケル首相には、大阪のおばちゃんがおもてなしをするのが一番いいと思う。

シニアに最適な旅を、旅の仲間と手づくりする‶リゾート悠遊倶楽部”は旅の仲間を募集しています。
URL: http://www.resortyuyuclub.com




Hitler1.JPG


hitler2.JPG





posted by 旅のマイスター at 17:50| Comment(0) | ヨーロッパの旅・ドイツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: