2016年05月20日

個人は質素に、社会は豊かに

 世界で最も貧しい大統領と呼ばれた元ウルグアイの大統領は、貧しいのではない質素なだけだと言っていた。 貧しいと質素とは意味が全然違うが、マスコミが勝手に貧しいとの呼称をつけ世間の注目を浴びるようして、自分たちの記事のネタにしやすいように作り上げただけだ。

土光敏夫さんのお母さんは土光さんが子供のころ、よく個人は質素に社会は豊かにと教えたそうで、その言葉を家訓にして土光さんは実践された。 元ウルグアイの大統領の生き方は、以前の日本人では普通の事である。 舛添東京都知事のように人の金で王侯貴族のような旅行をし、人の金で自分の資産を増やすような個人は豊かに社会は貧しくても構わない、こんな日本人を最近多く見られるようになった。 最も、他の国ではこんな指導者がごろごろいるが、質実貢献で日本人が築き上げた戦後の豊かな社会をこんな輩が食い物にして、偉大な先人が作り上げた社会的に平等だった日本を、個人は豊かに社会は貧しい国に造り変えようとしている。

試験オタクが難関の東大に入り頭が良いとのレッテルを貼られ、その後の人生を悠々とそのレッテルだけで生き抜けたのはすでに過去の事、今はそんなレッテルだけで世間を渡っていけない。 ほんまもんかどうか、中身を吟味される時代になっている。 レッテルに騙されてはいけない、国民ももっと中身を見抜く目を持たなければならない。

頭が良くても心が悪い人間、頭は普通だが心の良い人間、前者は社会の害になりやすいが、後者は社会を住みやすくしてくれる。 最悪なのは、頭が悪いが悪知恵だけは働き心も悪い人間だが、そんな人間がオリンピックを取り仕切っている現状では、東京オリッピックの成功は難しくこれからも問題が出てくるに違いない。
レッテルに騙されず、本当に日本のために働いてくれる政治家を選挙で選ばないと、いづれこの国は滅びてしまうだろう。

シニアに最適な旅を、旅の仲間と手づくりする‶リゾート悠遊倶楽部”は旅の仲間を募集しています。
URL: http://www.resortyuyuclub.com
posted by 旅のマイスター at 19:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: