2016年05月29日

消費税増税再延期を歓迎!

 安倍首相がサミット会議で、経済危機寸前の状況にあると述べたことに対しドイツのメルケル首相が異論を述べたがそれは承知のこと、敵は本能寺にありで財務省と財務省の代弁者でしかない麻生財務大臣やその他自民党内の増税推進派に向けて消費税再延期の条件を満たすための発言と思われたが、やはり思った通りで安倍首相の消費税増税延期の英断にエールを送りたい。 経済が少し上向いただけの状態の中で消費税率を3パーセントから5パーセント上げたことで、経済は失速し前よりひどい経済不況に陥りそれが延々と続いた失策の轍を踏んではならない。 今の経済状況の下で増税すれば、同じ轍を危険が大きすぎる。 十分に体力が回復し、増税の重みに耐えるような体力になるまで待つべきである。 

消費税5パーセントから10パーセントに引き上げる前は、ヨーロッパの消費税率の高さだけを引き合いに出し、いかに日本の消費税が低すぎるかを財務所は強調していた。 ヨーロッパの消費税率は名目上は確かに日本と比べて高いが、生活必需品や国民が文化的な生活を最低限送れる活動に対して、ヨーロッパの国々では軽減税率が広範囲に適用され、ドイツでは食料品以外にもコンサートや書籍など我々庶民が普通に生活していればほぼ軽減税率内で日常生活が行えて、実質的な消費税率は日本の8パーセントより低いと思われる。 それどころか、食料品などには消費税率が0パーセントの国もある。 そんなヨーロッパの国々の実質消費税率の実態を国民には知らせず、公明党がヨーロッパの国々のように軽減税率適用を要求すると、財務省の代弁者である麻生大臣は計算がややこしくなるなどと大臣とは思えないような言葉で反対し、国民の生活のことなどには関心がない態度を見せていた。

いくら人のよい日本人でも、東日本大震災の復興が目的で徴収された復興税の多くが全然関係のないところで使われ、国会議員の定数削減や行政改革などの財政健全化のための節税対策が実行されず、社会福祉の為の財政が不足すると国民を脅して消費税増税で国民から金を吸上げようとしている本来の意図に気付かなけらばならない。 税金でスイートルームに泊まる都知事の態度に見られるように、国民や市民が働いて得たお金が源泉である税金を、本当に節税をして有効に市民や国民のために使おうと真剣に考えているようには思えない。国民に増税の負担を課する前に税金の無駄使いをやめて節税をすることが先で、税金を故意に無駄に使った者には税金浪費罪の罪を負わせるようにするべきである。 脱税を取り締まるだけでなく、税金の浪費も取り締まる必要がある。
posted by 旅のマイスター at 20:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: