2016年06月08日

ドイツで怖い朝を体験

 ドイツで一番好きな町はニュールンベルク、青年時代にバックパッカーとしてヨーロッパを気ままに旅をしていた時も、ニュールンベルクのカイザーブルクにある古城ユースホステルをドイツでの旅の拠点にしていた。 今もこの古城ユースホステルはドイツで一番人気があるとのこと、旧市街が一望にできる見晴らしのよさと中世の雰囲気が堪能できるので、古城ホテルは敷居が高くてもここならバックパッカーも気軽に泊まれる。

5年前にドイツに行った時もニュールンベルクを旅の拠点にしたが、宿泊に利用したのは一度は止まりたいと思っていた駅前にあるル メリディアン グランドホテル。 青年時代このホテルはグランドホテルと呼ばれ、当時はニュールンベルクで最高級のホテルだったので、私にとっては別世界のようなホテルだった。 鉄道でドイツ各地に出かけるので、訪問先から疲れて帰っても駅前ならすぐにホテルで休めるので、泊まるホテルは駅から近いことを最優先にして選んでいる。

 ニュールンベルクから列車でハーゲンにある友人のお墓参りをして、その帰りにリンブルクの友人を訪ねるという長距離移動を日帰りでするので、始発のドルトムント方面行きの列車に乗るためホテルの目の前にある中央駅に早朝に行った。 早朝であっても中央駅だから駅員さんや旅行者がいる、日曜日であったが普通の駅の朝の風景を想像していたが、駅に入ったとたん違う所に迷い込んだのかと思った。 そこにいたのは酔っ払いの集団、独り言をぶつぶつ言っている薬中毒のような若者、その集団を見張る警察官達が睨み合っている。一触即発の雰囲気の中を抜けてプラットフォームまで行ったが、土曜の夜に酒を夜遅くまで飲んだ若者が駅に集まって来ていたようだ。 

大きな町の中央駅は、昔も今もドイツでは危険地帯であることを身をもって体験した。
posted by 旅のマイスター at 16:53| Comment(0) | ヨーロッパの旅・ドイツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: