2016年06月19日

ルソーの言葉自然に帰れ”と現代社会

 16世紀に生まれたジャン・ジャック・ルソーが現代社会の現状を知ったら、自分の言葉が正しかったことを確信するだろう。 電車の中で本を読む人は少数で、大半の人がスマートフォンをいじくっている。 そこにいるのは自分だけで、電車の中という公共の場にいるという意識は希薄で、少し詰めれば他の乗客が座れるという他人を思いやる心も持ち合わせていない人が多くなった。 

確かに文明の発達により生活は便利になった、しかしその便利さが人間を堕落させていることも否めないし、その結果ますます社会が悪くなりつつあるように思える。 ルソーが言った自然に帰れ”の表面的な意味しかしらないが、長年続けているウォーキングの途中で触れ合う身近な自然、大阪の近郊であっても野には花が咲き、畑には野菜が育ち、空には多種な鳥が飛び交う自然の素晴らしさを体験できる。

自然は人を癒してくれるし、自然に生かされているとの実感から、謙虚な人間にしてくれる。 ルソーはもっと根源的な自然状態への回帰を念頭に置いていたと思うが、まずは身近な自然に触れることをお勧めします。 本当に自然の素晴らしさを実感し人生観が変わるまでには、自然との触れ合いを何年も続ける必要があります。 この素晴らしい自然の中で生活できていることを実感することで、幸せにもなれます。
posted by 旅のマイスター at 16:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: