2016年10月13日

日本再生は女性の活躍で!

 日本のGDPは世界三位だが国民一人当たりのGDPなると26位と低い、それは日本人の生産性が低いからとされている。 しかし生産性が高いとされるヨーロッパの国々と比べると、スイスなどでは確かに勤務時間中の集中力はすごいなと感心させられるが、長期休暇をとってのんびり過ごす時間は日本人よりはるかに長い。

何が原因で日本のGDP一人当たりの生産性が低いのかいろいろ考えていたら、ヨーロッパでは専業主婦はほとんどおらず、女性が社会のあらゆる分野で大活躍していることに気が付いた。 ドイツのメルケル首相の他にも、女性が首相をしている国は多い。 小池東京知事の働きぶりを見ても、日本の女性も活躍の場を与えられれば、男性に負けない能力を発揮するのは間違いない。 以前、仕事で長期滞在したことのあるシンガポールでは、女性の学歴は高く、職場で女性が上司であることが普通のことになっている。 日本の女性も高い教育を受けた人が多いので、日本の資源は人材との自覚があるなら、貴重な資源を埋もれたままにしているのは国家の大きな損失である。 もっと多くの日本女性が経済活動に従事すれば、日本のGDPが数パーセント高くなるとIMFの女性専務理事ラガルドさんも言っている。

安倍首相が提唱している一億層活躍社会の目指していることに、女性の活躍が一番大きなウエイトを占めているのは確かなこと、そうであれば待機児童問題などを早く解決し、女性が働きやすい環境を早急に整えなければならない。 野次を飛ばしたり居眠りしているような男の政治家に代わって、もっと優秀な女性が政治家になれば日本の政治も良くなるはず、女性の活躍が日本再生の鍵を握っている。 まだまだ日本には改善すべきことが多くあり、発展の余地が残っているので、若者も将来に夢とビジョンを持ってほしい。 若者が希望を抱ける国であることも、日本再生に欠かせない要素である。
posted by 旅のマイスター at 18:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: