2016年10月30日

京都で座禅体験

 昨日、以前から体験をしたかった京都のお寺で座禅を体験した。 場所は東福寺の塔頭”毘沙門堂勝林寺”で、家から一時間以内で行ける便利な場所にある。 今回体験した座禅は初心者向けで、まず座禅の作法を教えてもらい5分間の予行練習の後、休憩をはさんで前後各15分と短い座禅だったので、座禅自体はあっという間に終わってしまった。 短いとは言え、禅寺で瞑想する雰囲気はとてもよく、警策に背を打たれ気が引き締めらる経験は座禅ならではのもの、一緒に参加した家内も満足していた。

 参加者は40人ほどで、場所柄、観光のついでにという人が多いように見受けられた。 抹茶付きのコースを申し込んでいたので、座禅の後にお坊さんと歓談できたこともよかった。 このお寺では、もう少し本格的に座禅をしたい人向けに、会員制の座禅会もされているので次はそれに参加してみようと思っている。 今年の秋に予定していた永平寺での一泊二日の座禅体験は予定変更となったが、来年の春に実行したいと思っている。

 体の健康に気を付けている高齢者は多いが、心の健康(健全な精神)には無頓着な人が多い、元気であっても性格が悪ければ世の中の嫌われ者になってしまう。 人間は年を重ねるだけでは磨かれない、自ら意識して自己研鑽をしないと人間として磨かれない。 体の健康とともに心の健康にも精進すれば、自分によし、周りの人間によし、社会によしの三方よしのシニアライフが実現できる。 高齢者であっても、社会に必要とされる存在でありたい。

shourinji1.jpg 

shourinjizazen.jpg

IMG_1480.JPG





posted by 旅のマイスター at 11:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: