2016年11月03日

ドイツと日本の報道の違い!

 毎朝、ドイツのラジオ放送を聞いているが、海外での小さな出来事まで詳しく伝えている。 最近では小池東京都知事の仕事振りや、オリンピック競技施設の建設問題や、築地市場の移転問題まで詳しく伝えている。 福島第一原発の事故とその後の除染問題などは、日本国内での報道よりもっと頻繁により詳しく伝えていた。 福島の名前がラジオから聞こえて来ない日はないぐらい、毎日福島第一原発の事故を伝えていた。 日本では原発事故の報道を意図的に制限しているのではと、疑念を持つほど情報の発信量に差があった。

 海外で何か事故や事件が発生した場合、日本のマスコミの関心事は、まず日本人の被害者がいないかである。 日本人の被害者がいなかった場合、簡単に事故や事件が発生したことを伝えて終わりである。 また、日本のマスコミが芸能人の結婚や離婚、ハロウィーンの仮装集団をおもしろおかしく伝えたりと、週刊誌と同じようになりつつあるような気がする。 社会の幼稚化を促進しているのが、日本のマスコミであると言えるのでは。 最近テレビのBS放送で、内容のある質の高い報道番組があるので救われている。
posted by 旅のマイスター at 17:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: