2016年06月08日

ドイツで怖い朝を体験

 ドイツで一番好きな町はニュールンベルク、青年時代にバックパッカーとしてヨーロッパを気ままに旅をしていた時も、ニュールンベルクのカイザーブルクにある古城ユースホステルをドイツでの旅の拠点にしていた。 今もこの古城ユースホステルはドイツで一番人気があるとのこと、旧市街が一望にできる見晴らしのよさと中世の雰囲気が堪能できるので、古城ホテルは敷居が高くてもここならバックパッカーも気軽に泊まれる。

5年前にドイツに行った時もニュールンベルクを旅の拠点にしたが、宿泊に利用したのは一度は止まりたいと思っていた駅前にあるル メリディアン グランドホテル。 青年時代このホテルはグランドホテルと呼ばれ、当時はニュールンベルクで最高級のホテルだったので、私にとっては別世界のようなホテルだった。 鉄道でドイツ各地に出かけるので、訪問先から疲れて帰っても駅前ならすぐにホテルで休めるので、泊まるホテルは駅から近いことを最優先にして選んでいる。

 ニュールンベルクから列車でハーゲンにある友人のお墓参りをして、その帰りにリンブルクの友人を訪ねるという長距離移動を日帰りでするので、始発のドルトムント方面行きの列車に乗るためホテルの目の前にある中央駅に早朝に行った。 早朝であっても中央駅だから駅員さんや旅行者がいる、日曜日であったが普通の駅の朝の風景を想像していたが、駅に入ったとたん違う所に迷い込んだのかと思った。 そこにいたのは酔っ払いの集団、独り言をぶつぶつ言っている薬中毒のような若者、その集団を見張る警察官達が睨み合っている。一触即発の雰囲気の中を抜けてプラットフォームまで行ったが、土曜の夜に酒を夜遅くまで飲んだ若者が駅に集まって来ていたようだ。 

大きな町の中央駅は、昔も今もドイツでは危険地帯であることを身をもって体験した。
posted by 旅のマイスター at 16:53| Comment(0) | ヨーロッパの旅・ドイツ

2016年05月10日

ヒトラー終焉の地を訪ねる

 ヒトラーが最期の日々を過ごした、ベルリンにある総統地下壕跡地を訪ねた。 終焉を迎えるまでの12日間を描写した映画ヒトラー最期の12日間”を見ていたので、ベルリンに行ったら訪ねたいと思っていた。 あまりにも強固に造られていたので、戦後東ドイツ政府が撤去しようとしたが完全に撤去できなかったので、今はその跡地は駐車場になっている。
 
 場所もネオナチの聖地になることを恐れて公にはせず、2006年6月8日に案内板が設置されたとのこと、その案内板も気づかずに通り過ぎてしまいそうな簡単なものである。 ブランデルブルク門からも歩いて行ける所にあるが、皮肉にも途中に異様な形をしたホロコースト記念碑がある。 ベルリンの中心地にあるホロコースト記念碑、その目と鼻の先がヒトラー終焉の地とは、誰かが意図したアイロニーとしか思えない。

 メルケルさんがいる連邦議会議事堂もすぐ近く、ホロコースト記念碑を毎日のように目にしているドイツ連邦首相からしたら、日本の戦後処理を不十分に思っているのかもしれない。 その上、メルケルさんは東ドイツ出身、反ファシズム教育を受けて育っているに違いない。 ナチスと同盟を結んでいたからか、メルケル首相は日本に対してあまり親近感を持っていないように見える。 今月日本で開催される首脳会議に出席するため来日するメルケル首相を、日本のおもてなし外交で日本びいきにすることはできないだろうか。 おばちゃんの愛称を持つメルケル首相には、大阪のおばちゃんがおもてなしをするのが一番いいと思う。

シニアに最適な旅を、旅の仲間と手づくりする‶リゾート悠遊倶楽部”は旅の仲間を募集しています。
URL: http://www.resortyuyuclub.com




Hitler1.JPG


hitler2.JPG





posted by 旅のマイスター at 17:50| Comment(0) | ヨーロッパの旅・ドイツ

2013年12月23日

最近のドイツ事情

初めてドイツを旅した1976年と現在のドイツを比べて一番違いを感じるのは、列車がよく遅れるようになったこと、遅れるだけならまだいいが突然運行が取りやめになったりすることがある。 この話はよく聞いていたが、2年前にドイツを一週間旅をした中で何度も経験することになった。

一度は、ミュンヘンからニュールンベルクに行くのにすでに列車に乗っていたが、出発時間が来てもなかなか出発しない、ほぼ満員の状態だったが突然お客さんが列車を降りだしたので、乗客の一人に聞くとこの列車は故障のため運行が取りやめになり、他の列車に乗り換えなければならないとのこと。 また違う日に、リンブルクの駅でICを待っていたが大幅に遅れ、フランクフルトの駅で予定していたニュールンブルクへ行く列車に乗り損ねた。 以前、イタリアでは列車の遅れは常識と言われたが、その反対にドイツは正確だと言われていた。

列車の運行に関して日本は世界に誇れる、世界一の正確さであることは間違いない。
posted by 旅のマイスター at 10:26| Comment(0) | ヨーロッパの旅・ドイツ